お知らせ

さくらインターネットにvimを入れ直す。


いながき@ありがとうです。
微妙に技術系のネタが好評なので書いておきます。

mkdir -p $HOME/local/src
cd $HOME/local/src
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-extra.tar.gz
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-lang.tar.gz
tar jxvf vim-7.2.tar.bz2
tar zxvf vim-7.2-lang.tar.gz
tar zxvf vim-7.2-extra.tar.gz
cd vim72
mkdir patches
cd patches
curl -O ‘ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.[001-411]’
cd ..
cat patches/7.2.* | patch -p0
./configure –enable-multibyte –enable-xim –enable-fontset –with-features=big –prefix=$HOME/local
make
make install

curlの行の001-411はパッチの最初から411番までって意味なので、実行する日に、
ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/ にアクセスして一番新しい番号を、
411と入れ替えて下さい。
あとは、上から順に流してもらえればいいです。
OSXのSSHで行く前提なので、UTF-8で編集したかっただけです。
あとは、shellのpath設定をして下さい。
.vimrcも適当に調整して下さい。

No tags for this post.