お知らせ

WiRES-Ⅱ交信の仕方


いながき@ありがとうです。
WiRES-Ⅱ交信の仕方
1.ノード局(*1)の周波数に合わせる。
2.トーンエンコーダか、DCSをノード局の指定に合わせる。
3.しばらくワッチ。混信の恐れがなければ次へ進む。
4.切断コマンドを送る。【*#9999D】をDTMFで送信。
5.ププププというビープ音が受信できた(交信準備OK)。
6.他のノードやルームに接続して交信することができる。
7.ここでは#0510D(*2)に接続する例。【#0510D】をDTMFで送信する。
8.「This is コールサイン Connected to 0510」とアナウンスが返る。
9.しばらくワッチ。
10.待ち受けてCQに応じるか、CQを出す。
11.終わったら切断コマンドを送る。【*#9999D】をDTMFで送信。
*1・・・ノード局はWiRESⅡを開設している局。
*2・・・WiRESのALL JA CQルーム
WiRESコマンドリスト
#nnnnD ID番号nnnn 番のノードに接続する。
#5555D ルームに自動的に戻るを解除する。
#6666D ノード局の接続状態を確認する。
#7777D 現在アクティブな局からランダムに1局接続する。
#8888D 直前に接続したノード局と再接続する。
#9999D 切断コマンド
アクセスして離すだけだったら、DTMFとトーンエンコーダーがれば接続できます。
ご近所のノードについては、次のURLで確認できます。
http://www.vxstd.com/cgi-bin/login/wires_list/list.cgi

私のところは非公開で開設中です。まだテスト中なので。
WiRESのノードに繋ぐことができれば、インターネット経由で遠方とも繋がります。
VoIPですからね。災害時に、現時でノードを上げる方とかもいるので、繋がればかなりいいですね。
無線の場合は、WiRES以外にもEchoLink(iPhoneでも可)でVoIPできます。
設定くらいしておくと良いかも。

No tags for this post.