お知らせ

体育の家庭教師


オレンジNLPのいながきです。
体育の家庭教師が流行っているそうです。
逆上がりとかね。親が教えればいいじゃんとか思いますが~
NLPをやっていれば、結構簡単です。
私も実際に、娘のお受験のために鞠突き(ドリブル)を教えました。
このとき、NLPですから、各動きを別々に理解させます。チャンクダウンモデリングを使います。
褒めて、結果を認識させます。実際にできるようになってますからね。
そして、それらを統合して約20分で、ドリブルができるようになりました。
子供が思っているドリブル像が難しいと、それをやろうとしてできません
これでいいんだよって、一つずつ、こなしていけばいいです。
でも、本当に大事なのは親子のコミュニケーションですね。

No tags for this post.