お知らせ

感覚的気づきから変化するには?

運動

いながき@ありがとうです。

昔、ユージン・ジェンドリンは発見しました。

セラピストからの質問に、一度身体に問い合わせてから答えている人は良くなると。

思考だけで即答してしまう人は、思考に閉ざされているので身体の変化、微細な感覚を完全無視するので中々よくなれません。

だから、身体に問い合わせて答えを見つけるフォーカシングという手法ができました。

他の時でも、身体の感覚を無視すると大抵はおかしな事態に陥ります。

身体からストレスのメッセージが来ているのに無視し続ければ、あるとき限界が来ます。

メッセージを受け取れていれば、今日は早く休もうとか、週末、気分転換にドライブに行こうとか、そんな行動になり、ストレスを軽減していきます。

人は生きています。

日々、消耗し、補充し、メンテナンスする必要があります。

当たり前のことですが、身体を動かすとかも、必要なことです。

思考だけの世界に囚われずに、身体を動かすことをしないと感覚は戻ってきません。

まずは身体を動かすこと。

そうすれば、変化が生まれます。

熱中症には気をつけて、ちょっと動いてみましょう。

激しい運動でなくても良いです。身体に意識を向けて感じるところから。